1年間の電気使用量と電気代平均

1年間の電気使用量と電気代平均1年間の電気使用量と電気代平均

電気代は、電気使用量と比例して上がるため、使用状況によっても変動が大きいものです。 1年間の電気使用量と電気代の平均を知ることによって、ご家庭の電気代が平均的なのかを判断出来ます。

1年間の電気使用量と電気代平均

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

ご家庭での電気代は年間いくらになっているでしょうか。
電気代は、電気使用量と比例して上がるため、使用状況によっても変動が大きいものです。
1年間の電気使用量と電気代の平均を知ることによって、ご家庭の電気代が平均的なのかを判断出来ます。一度確認してみましょう。

年間消費電力量の平均はどのくらい?

省エネルギーセンターが発表しているデータによると、4人家族での平均年間消費電力量はおよそ5,500kwhであることが分かります。
年間を通して一番多く消費する家電は冷蔵庫で14.2%です。次いで照明機器が13.4%、
テレビが8.9%、そしてエアコンが7.4%という順番で、消費量が高くなっています。

冷蔵庫は24時間稼働しているため、年間で最も高い消費電力量になることは想像がつきますが、意外にも高かったのがテレビです。テレビは見ていない時間にもスイッチを付けっぱなしにしている事が多い家電ですよね。また、消していてもコンセントを抜いていない状態では、待機電力によって電力を消費していることが、消費電力量が高い理由として考えられます。

消費電力量を減らすには、コンセントから抜くこと以外にも、冷蔵庫を壁から少し離れた位置に設置する、またエアコンの設定温度を1度変えるだけでも可能なのです。
省エネルギーセンターのホームページには、消費電力を抑える各家電における工夫と、その節電・節約方法が詳しく表記されています。一度、確認してみると良いでしょう。

年間消費電力量を家電ごとに調べてみましょう

各家電によって、消費電力量は異なります。
一番は家電購入の際に比較してみることが大切ですが、今ご家庭にある家電でも計算することができ、年間電気代を割り出すことが出来ます。
 
各家電に貼られている表記シールや取扱説明書には、必ず年間消費電力量が記載されています。
例えば、表記の年間消費電力量が180kwhだった場合は以下の計算式に当てはめると算出できます。
 
年間消費電力量(180kwh)×電力量単価=その家電の年間電気料金です。
 
仮に東京電力の場合で、この年間消費電力量の計算式にあてはめると、
180kwh×25.91円(従量電灯Bプランの単価)=4,664円(四捨五入金額)となります。
この年間消費電力量180kwhの家電を1年間使用した場合に、4,664円の電気代が発生するということです。
 
ご家庭にある各家電の年間消費電力量を基に、このように計算することで、年間の電気代が算出できるのです。

年間電気代の目安はどのくらい?

上記で分かるように、4人家族の場合の平均年間消費電力量はおよそ5,500kwhです。
これをまた計算式に当てはめることによって年間電気代を算出することが出来ます。
5,500kwh×25.91円=142,505円。これが年間電気代の目安です。
その家庭での年間消費電力量の違い、また各電力会社の単価・プランの違いによって、もちろんこの電気代も増減しますが、今では省エネ家電が増えているため、徐々に減っている傾向があります。
 
こうした省エネ家電を用いる以外での節約を計りたい場合には、電気料金プランを変更し、時間帯によって単価が安くなる契約をする、またはアンペア数を変更するなどの方法があります。
 
一度、ご家庭での年間消費電力量と電気代を割り出し、契約を見直すことによって電気代がお得になることもあります。ご検討してみてはいかがでしょうか。


\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

あわせて読みたい関連記事