電気代の基本料金はどれくらい?また電気代の仕組みとは

電気代の基本料金はどれくらい?また電気代の仕組みとは電気代の基本料金はどれくらい?また電気代の仕組みとは

電気の使用量を減らす節電・節約だけでなく、こうした料金体系の部分から見直すことによって、料金を安くできる可能性もあります。

電気代の基本料金はどれくらい?また電気代の仕組みとは

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

ご家庭で使用されている電気料金は、
毎月いくらか把握されていますか?

また、その電気料金の中で
どれくらいが基本料金として
請求されているのかご存知でしょうか。

今回は、電気代の基本料金は
どれくらいなのか、
また電気料金の仕組みについて
ご紹介します。

電気料金の基本料について

電気料金は、毎月検針票や請求書・明細書を確認して把握している方が多いかと思いますが、その中で基本料金がどの程度で、実際に使用した電気代はいくらなのか、内訳まで確認されている方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
まず基本料金については、ご自身が契約している内容によってそれぞれ料金が違います。多くの方が利用しているタイプの「従量電灯B」の場合、10A~60Aの中でご家庭にあった使用量に合わせて契約がされていますが、10Aで毎月280円程度、30Aで842円程度、60Aで1.684円程度となっています。(各電力会社により多少の変動があります)
また夜間だけに多く使用する、土日のみ多く使用するといったように、使用する時間帯や曜日を選択して安くするプランなどが用意されているため、全員が同じ基本料金を支払っている訳ではないのです。
基本料金がどれくらいなのか確認するためには、毎月お手元に届く明細書などをご覧ください。電気料金が従量電灯タイプであるのか、また基本料金がいくらであるのか必ず記載されていますので、一度どのプランになっているのか、ご確認ください。

電気料金表(明細・請求書検針票)の見方

電気料金表を確認すると、一般的に一番大きく記載されている金額が、その月の基本料金と使用料金を合算された請求金額になっています。そして小さく電気料金の内訳や明細が記載されているのですが、1段料金2段料金などと記載されている内訳をご覧になった方はいませんか?電気代には「段階」というものが使用されていて、段階が上がるにつれて電気料金の単価が上がる仕組みになっているのです。
仮に契約プランが従量電灯Bの場合、120kWhまでが第1段階料金、121~300kWh までが第2段階料金、それ以上が第3段階料金という形になっています。また同様に段階が上がるにつれて、電気代の単価も上がっていくため、1段階料金で使用した場合の単価は約17円、2段階料金では約22円、3段階料金では約24円となっており、使用したkWh数の値が大きくなればなるほど単価が上がるため、明細や内訳にはそれぞれの段階で使用した料金が記載されているということなのです。それらを合算した料金が、毎月の請求金額になっているのです。
また、他に、燃費価格の変動に伴って電気料金の単価の推移が変動することがあります。その時は電気料金の燃費費調整としてマイナスになって請求が来ることもあり、こちらにも記載されているのでご確認してみてください。

ホームページで確認出来ること

各電力会社のホームページなどからも簡単に電気代の基本料金や電気料金の種類などを確認することが出来ます。その際に準備しておくと便利なのは、電気料金の検針票に記載されているお客様番号です。各ご家庭によってこの番号が管理されていますので、入力することによって一覧でご確認することも可能です。

また他にも、プラン別の電気料の基本料金が確認でき、電気代の仕組みや単価、単価変動の推移など電気料金体系について詳しく調べることが出来ます。検針票などだけでは、電気料金の仕組みについてまでは確認する上で不十分な点が多いので、一度電気料金制度をホームページで知ることをオススメ致します。
ご自身のご家庭ではどのプランがあっているのか、またそのプランでの単価はいくらなのかを確認し、プランを変更することで基本料金がどれだけ安くなるのかも含めて、一度電気代の見直しをしてみてはいかがでしょうか。初めに契約したまま、何年何十年と変更することなく、また確認することなく契約状態が放置のままになっているご家庭が多いため、自身のご家庭にあったプランで使用していないことも多く見受けられます。電気の使用量を減らす節電・節約だけでなく、こうした料金体系の部分から見直すことによって、料金を安くできる可能性もあります。ぜひ、実践してみてくださいね。


\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

あわせて読みたい関連記事