【アパート・賃貸物件の大家さん必見!】ガスの切り替えで入居率UP?安心できるガス会社の選び方を紹介!

【アパート・賃貸物件の大家さん必見!】ガスの切り替えで入居率UP?安心できるガス会社の選び方を紹介!【アパート・賃貸物件の大家さん必見!】ガスの切り替えで入居率UP?安心できるガス会社の選び方を紹介!

アパートや賃貸物件などの集合住宅の場合は大家さんがまとめて、プロパンガスなどを契約していることが多いですよね。実はプロパンガスを切り替えるだけで家賃を安くすることができるんです!入居率を上げたい、経営改善をしたいオーナーさん、必見です!

【アパート・賃貸物件の大家さん必見!】ガスの切り替えで入居率UP?安心できるガス会社の選び方を紹介!

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

アパートや賃貸物件などの集合住宅の場合は大家さんがまとめて、

プロパンガスなどを契約していることがほとんどです!

しかし、プロパンガス会社ってたくさんあってどこの会社を選んだらいいのか

なかなかわからないですよね。

また、月々の光熱費や家賃がどれくらいかかるのかは、入居先を探している人たちのとって、非常に大切!

実はプロパンガスを切り替えるだけで家賃を安くすることができるんです!

入居率を上げたい、経営改善をしたいオーナーさん、必見です!

大家さんがプロパンガス会社を変更するメリットって??

入居率を上げることができる!

賃貸住宅の大家にとって入居率の低下は死活問題であり、

家賃引下げを余儀なくされるケースもあるようです・・・

でもそれは最終手段にしたいですよね!

ここで注目するポイントが光熱費の料金です。

入居者は家賃だけではなく光熱費なども物件の条件として見ています。

都市ガスが供給されない地域では、

プロパンガスと呼ばれるLPガスを使用する賃貸住宅が数多く存在します。

都市ガスを使用する物件からLPガスの物件に越した入居者は、

ガスの価格の高さに驚くケースが少なくないようです。

様々な情報をネットで確認できる現在、消費者は非常にシビアな目で価格を比較しています。

例え大家が家賃の引き下げなどの経営努力を行っても、

契約したガス会社の価格が高ければ、残念ながら「割高物件」の烙印を押されかねません。

入居率を高め不動産経営をより安定させるには「入居者の暮らしを満足させること」が求められ

ガス会社を変更しガス代を抑えることが入居率の向上につながったケースが少なくありません!

自分のガス代も安くすることができる!

もちろんガス会社を変更することでガス代を安くすることができれば、

それは自分が月々しようするガス代を安くすることにもつながります!

そもそも、ガスを切り替えることでどうしてガス代を安くすることができるのでしょうか?

というのも、今はガス自由化が始まり、

どこのガス会社も自由に料金を設定することができます!

質も量も全く同じガスが会社によっては全く違う料金で提供されているんです!

だったら安い会社と契約したほうがいいですよね!

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

給湯器などの設備投資にかかるお金が安くなる・・・・??

給湯器などの設備投資にかかるお金が安くなる・・・・??

よくガス会社の変更を検討しているときにガス会社から

こんなことを言われることが多いです。

・インターホンを無償で取り付けます!

・エアコン、コンロ、給湯器などを無償で提供します! ・一部屋入居されるたびに〇〇円キャッシュバックします!

タダになるの?となかなか魅力的に映ることが多いのではないのでしょうか?

しかしこのようなキャンペーンを悪用しているガス会社さんもいるんです・・・

これについては次の章で詳しく解説します!

こんなガス会社には注意が必要かも??無償貸与・キャッシュバックに隠された罠!

こんなガス会社には注意が必要かも??無償貸与・キャッシュバックに隠された罠!

無償提供!やキャッシュバック!を悪用とは具体的にはどのようなことをするのでしょうか?

契約戸数を伸ばしたいガス会社にとって集合住宅は優良案件ですから、ガス会社にとってはうちのガスを使ってもらいたい・・と

強く思っています笑

だからこそ、無償提供やキャッシュバックなどの特典をつけるのですが、

その分ガス会社の利益は減ってしまいますよね・・・

一見入居率向上に繋がるかに見える設備の無償貸与ですが、

設備購入費は月々のガス代に転嫁され入居者負担となるのが一般的であり、

結果的に「ガス代が高い物件は暮らしづらい割高物件」として認識され入居率の下落を招きかねません。

LPガス販売は液石法(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律)の規制を受け、

料金に設備費用等が含まれる場合は液石法第13条で消費者との利用契約書面への明記が定められ、

契約時に説明することが求められます。

しかしこの既定が守られず、消費者である入居者とガス会社で料金トラブル発生は少なくありません。

しかし、このようなキャンペーンを日常のガス代に上乗せしすぎずに行なっているガス会社さんも

ちゃんとあります笑

ではそのようなガス会社さんはどのようにして見つけたら良いのでしょうか?

安心できるガス会社を見分ける方法とは?

確かに設備を充実することは入居率向上に繋がる大きなポイントですから、

様々な設備の無償貸与を行うガス会社が全て悪質な業者であるとは一概には言えません。

には設備購入費用を営業コストとして捉え、健全な営業を行うガス会社も存在しますがそれらのガス会社を見分けることは非常に難しいです・・

大家と協力し入居者の満足度を向上させてくれる契約を結ぶためには、次に挙げる条件をクリアするガス会社であることが望まれます。

・物件の近くにあり、トラブル発生時に素早い対応を行う
・無償貸与の設備費用を営業コストとして捉えている
・販売価格改定(値上げ)は事前に入居者に告知を行う
・ガスの輸入価格が下落した際には値下げを行い適正価格でガスを提供する

しかし、これらの条件を満たしているのかどうかは簡単に見分けられるものではありませんよね、

enepiは厳しい審査の元、これらの条件を満たした、安心した価格設定を行っているガス会社さんを無料で紹介しています!

もちろん、価格が不透明な理由で高くなった時には、お客様とガス会社の間に立って、適正な価格設定がなされているのかを

確認・指導します。ぜひ一度無料見積もりを試してみてください!

見積もったからといっても、必ずガス会社を変更しなければならない訳ではないので、

試してみてください!

まとめ

顧客満足度というキーワードが普及し、現在の消費者はより高いサービスを求める傾向が強くなっていると言えます。

これは住宅環境に対しても同様に求められ、以前より不動産経営は厳しい状況に置かれていると言えるでしょう。

家賃を下げるのは苦渋の選択だと考えられますが、入居率向上のためにやむを得ず引き下げに応じている大家も少なくないでしょう。

しかし闇雲に家賃を下げることよりも別のアプローチで入居者の顧客満足度をあげる方法もあると言えます。

入居者にとってより有利な条件のガス会社に変更することで入居者のランニングコストを抑えるサポートを行えば、

入居者の満足度が向上するのではないでしょうか。直接的な消費者である入居者が「得をした!」と感じることができれば、

結果的に入居率を高い数値で保てるのではないかと考えられます。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶