プロパンガスの解約金・違約金の相場はいくら?払わないで済む方法ってあるの?

プロパンガスの解約金・違約金の相場はいくら?払わないで済む方法ってあるの?プロパンガスの解約金・違約金の相場はいくら?払わないで済む方法ってあるの?

プロパンガスを変更しようと思って解約することをガス会社を請求されてしまった、といった経験はありませんか?ただ違約金も種類によっては、払う必要がないものもあります。できるだけ安くガス会社を変更するための方法を紹介します!

「プロパンガス会社を変更する時に解約金や違約金を請求された…」
「あまりかからないと考えていたら、4万円くらい請求の請求が来て、これだけ払うお金は手元にない…」
「今からプロパンガス会社を変えようとおもっているけど、どれくらい費用がかかるのか知りたい」
「なぜか突然違約金の請求がきた」
というお悩みを持たれる方は多いです。

プロパンガスの切り替えはそう人生で何回もするものではないので、
払う必要のないお金を払ってしまったり、する方も少なくはありません。

この記事では、実際に違約金や解約金の種類とそれぞれを払う必要があるのか?
払わないで済む方法があるのかどうかをご紹介します!

プロパンガスの解約金・違約金の相場はいくら?払わないで済む方法ってあるの?

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

そもそもどうして解約金・違約金がかかるのか?

そもそもどうして違約金がかかるのでしょうか?

実は、ガス会社さんと契約した時には必ず
「契約期間」というものが決められています。

そのため、この契約書にサインした時点で
このガス会社さんを何年間か使用する
という契約になっています。

そのため契約期間に満たずに
ガス会社を変更することが
「契約違反」になるので、
違約金がかかってしまう、
という仕組みになっています。

「違約金」や「契約違反」という言葉を聞くと
なんだか悪いことをしているような気分になってしまいますよね笑

では契約期間内で違約金がかかるうちは
ガス会社を変更しない方がいいのでしょうか?

違約金がかかるなら、ガス会社を変更しない方がいいのか?

違約金がかかるなら、ガス会社を変更しない方がいいのか?

契約期間内にガス会社を変更すると違約金がかかってしまうなら
契約期間が終わるのを待った方がおトクなのでは?と思われるかたも多いかもしれませんが、
そうした方が必ずお得か?というとそうではありません。

なぜなら、
「ガス会社によって料金が違う」
「違約金を新しいガス会社さんが負担してくれる場合がある」
からです。

今現在、ガス会社はたくさんあり、会社によって料金は異なります。
そのため、料金の高いガス会社さんと契約していた場合、
違約金がかからなくても、結果的に払っている金額は多くなってしまいます。

また新しく契約するガス会社さんによっては、
違約金の一部や全額を負担してくれる場合があります。
そのような場合はなおさら解約した方がおトクになりますね笑

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

あなたはどれ?プロパンガスの違約金の種類を紹介!

解約金

解約金

解約金というのは
「ガス会社を解約するときに支払わなければならないお金」
です。

この解約金ですが、契約書に書かれていた場合は、はらわなけばならない
お金で会社によって一律料金が定められていることが多いです。

この解約料は会社によって金額が大きく異なり、
会社によっては安いところでは0円、高いところでは3万円かかるところもあります。

無償貸与契約の違約金

無償貸与契約の違約金

無償貸与契約… いきなり難しい言葉が出てきましたね…
これはガス会社を契約する時に、
「給湯器を無料でプレゼント!」
など、関連設備を無料で設置してもらったことによって
発生するお金です。

しかし、これは実は「無料」ではありません!
一時的に購入にかかる費用をガス会社が負担していますが、
そのあとに、毎月のガス代金に上乗せして請求されていることが多いです。

そのため、契約期間内に解約されてしまうとその分のお金を回収することができないので、
「違約金」として請求しているという仕組みです。

この違約金は契約年数と、実際にガスを使用していた年数によって
金額は異なります。

ガス関連設備を設置による違約金

では最後に
ガス関連設備を設置による違約金
について紹介します。 ここでいうガス関連設備とは、
「太陽光パネル」「エネファーム」など様々なものが存在します。 なぜこのような設備を設置すると違約金が発生するかというと
これらの設備は電気や太陽光などのガス以外のエネルギーを使用する設備です。

そのため設置してしまうと、その分ガスを使用する量が減ってしまいます。
ガス代金はガスの使用量に応じて値段を決める仕組みになっているので、
これはガス会社にとっては損になってしまいますね。

そのため、契約時にこれらの設備を設置しないように
契約書に書かれている場合が多いです。

プロパンガスの違約金を安く抑える方法とは?

このように様々な理由でかかってしまう違約金ですが、
払う金額は一円でも少ないほうがいいですよね、
そのためには以下のことをしてみることをおすすめします。

契約書の内容を確認する

まずはじめに契約書の内容をしっかりと確認することが大切です。

ガスを解約する時にかかる違約金は
ガス会社によってはきちんと説明されていないような理由で
お金を請求してくることがあります。

そのようなお金はそもそも払う必要はないので、
払う金額を抑えることができます。

また不当な催促があった場合は、
消費者センターなどに相談してみるのもいいかもしれません。

新しく契約するガス会社さんに負担してもらう

新しく契約するガス会社さんが違約金を負担してくれるケースもあります。

というのも、新しいガス会社からすると
違約金を負担しても、これからの契約でガス代を回収することができるので
代わりに肩がわりしてくれるのです。

ただ会社によっては、肩代わりしても
結果として毎月のガス代に上乗せするかたちになる
会社さんも多いです。

ここまででは、違約金の種類やそれを安くする方法について紹介してきました。
ただ、契約書を確認したり、ガス会社さんに負担してもらうことを頼んだり、
と何かと面倒だな…と思われた方も多いのではないでしょうか?

正直な話、私も安くなるといってもここまでするのは面倒だな…と思います笑
では、ここからはこれらの手続きを簡単に済ませる方法をご紹介します!

解約、違約金、手続きなどが面倒!!と思ったあなたに

面倒なことを避けたい!とおもった方におすすめしたいサービスが
enepiのガス会社料金見積もりサービスです!

見積もりサービスと違約金を安くすることになんの関係が?
と思われるかたも多いかもしれませんが、
このサービスでは
・全国の料金設定などが正当な厳選したガス会社さんを紹介
・Web上で料金確認が可能(一部地域を除く)
・サービス利用にかかるお金は0円!
となっており

これらサービスで紹介されたガス会社さんに変更する時には、
・解約手続き
・違約金などの料金の確認、手続きなど
などのガス会社変更に置ける”面倒”な部分も解決してくれます。

もう、新しく契約する会社さんも決まっている、という方も
見積もりをしたから、必ずガス会社さんを変更しなけらばならない
というわけではないので、
安くなるガス会社さんがあるかどうか
チェックしてみてください!

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶