コープこうべが電力小売り自由化に参入。太陽光発電で環境に配慮

コープこうべが電力小売り自由化に参入。太陽光発電で環境に配慮コープこうべが電力小売り自由化に参入。太陽光発電で環境に配慮

2016年9月28日、生活協同組合コープこうべが家庭向けの電力小売り事業を始めることを発表した。 太陽光発電やバイオマス発電など、供給電力の3割を再生可能エネルギーにするとのこと。

この記事の目次

コープこうべが電力小売り自由化に参入。太陽光発電で環境に配慮
2016年9月28日、生活協同組合コープこうべが
家庭向けの電力小売り事業を始めることを発表した。
太陽光発電やバイオマス発電など、
供給電力の3割を再生可能エネルギーにするとのこと。
また残りの7割は、
大阪ガスから、二酸化炭素排出量が少ない天然ガスでの
火力電力で供給してもらい賄っていく考え。

価格等は2016年12月に公表するとのこと。

生活協同組合コープこうべは、
将来的には環境に配慮した再生可能エネルギーの供給能力の向上を目指していく。


あわせて読みたい関連記事