信頼できるプロパンガス会社の選び方とは?

信頼できるプロパンガス会社の選び方とは?信頼できるプロパンガス会社の選び方とは?

プロパン(LPガス)会社を選ぶとき、どんなことに注意して選んでいますか。 信頼できるガス会社の選び方を料金・サービス・保安の側面から徹底解説しました。 また、保安に関して重要な集中監視システムについても解説しています。

信頼できるプロパンガス会社の選び方とは?

【無料】安心できるプロパンガス会社をご紹介!

プロパンガス(LPガス)をお使いの皆さん、
また引っ越し先がプロパンであるという都合で

これからプロパンガス(LPガス)を
使う予定の方、
プロパンガス会社の切り替えを検討している方に質問です。

みなさんはどんな基準で
プロパンガス(LPガス)会社を選んでいますか?

価格の安さ、サービスの充実度など
いろいろな基準があると思いますが、
沢山ある会社の中から
どの会社を選べばいいか困ってしまう方も
多いのではないでしょうか。

もともと自由化が進んでいる
プロパンガス(LPガス)の場合、
会社によってガス料金やサービスは様々で、
残念なことに中には不当に高いガス代を
請求する悪徳業者も存在します。

そうした悪徳業者にひっかからず、
信頼できるプロパンガス(LPガス)会社を
探すにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで、今回は信頼できる
プロパンガス(LPガス)会社の選び方を
徹底解説していきます!

優良プロパンガス会社の選び方

それでは早速、優良プロパンガス会社の選び方を見ていきましょう。

選ぶ際に、チェックすべくポイントをいくつかに分けて解説していきます。


プロパンガス(LPガス)に関するトラブルで圧倒的に多いのが、その料金の高さです。

確かにプロパンの料金は高くなりがちですが、
会社によっては不当に高額なガス代を請求してくる場合もあります。

そのため、プロパンガス(LPガス)会社を選ぶうえで、料金はチェックすべき重要なポイントです。
 
それでは、具体的に何をチェックすれば良いのでしょうか。

ポイント1:料金は透明か

そもそも、現在ガスを使っている中で、
どれくらいのガスを使っていて、それに対しいくらのガス料金が請求されているか
きちんと把握できていますか。

ガス代は、基本料金とガスの使用量に応じて請求される従量料金によって構成されています。
これらの料金をしっかり公表している企業は信頼できると言えます。

ポイント2:料金の変動に関する説明が明確か

ガス代が気がついたら高くなっていたという経験はないですか。
 
料金の値上げや値下げに対して、具体的なルールを設けている会社は良心的と言えます。
  
というのも、契約時は安い料金で契約しておいて、後からガス代をあげてくる会社がいるからです。

そのため、ガス代の値上げ(値下げ)に対して明確な説明をしてくる会社を選ぶよう心がけましょう!

ポイント3:契約内容は明確か

そもそも現在のガス会社と、どういう契約をしているか把握できていますか。
 
契約内容が明確かもしっかり確認する必要があります。
  
解約時にトラブルの原因になりやすい設備の所有権や、解約時の違約金に関する明記があるかは特に
チェックすべきポイントです。

ポイント4:サポート体制は充実しているか

いきなりガス機器に不具合が起きた時、ガス会社の対応に困ったことはありませんか。

サービスの充実度もガス会社を選ぶうえで重要なポイントになります。

ガス器具などのメンテナンスについてもしっかりとサポートしてくれる体制が整っている会社は
安心できると言えるでしょう。

ここまでは、主に料金やサービスに注目してプロパンガス(LPガス)会社の選び方をお伝えしてきましたが、
もう1つ注目すべき重要なポイントがあります。


それは、ガス会社の「保安基準」です。
というのも、プロパンガスはきちんとした会社が管理しないと、事故が起こりやすいからです。
 

まず、ガス会社の「保安基準」について解説する前に、
プロパンガス(LPガス)の安全性や事故について簡単に説明していきます。

プロパンガス(LPガス)の安全性は?

プロパンの安全性はどうなっているのでしょうか。


直近では今年2016年9月17日に栃木県にて業務用オーブンからガス漏れし火災が発生しました。

 
また2016年8月22日に山形県内の一般住宅において、火災事故が発生が発生しています。


このように、私たち一般消費者にとってもLPガスの使用での事故の可能性は、身近にあるということをご存知でしょうか。
 

こんなことを言うとプロパンの方が事故が多いような印象を持っている方もいらっしゃるかもしれないですが、
実はそのほとんどは都市ガスでも起こりうる配管やガス機器の不具合などと言われていおります(経産省発表)。



では、なぜLPガス(プロパンガス)の方が事故が多いような印象が持たれがちなのでしょうか。
 
プロパンは都市ガスと違って安定供給がガス事業者に任されている業態になります。
ひとえにLPガス(プロパンガス)事業者と言ってもピンキリでしょうから、
そう言った印象から、LPガス(プロパンガス)の方が安全性にかけていると思う方もいらっしゃるのかと思います。


また都市ガスは地震などの災害時に復旧・再開が難しいのに対し、
LPガスLPガス(プロパンガス)は配送になりますので災害に強いインフラになります。
月々の料金は高いですが、都市ガスと比べた安全性に関しては心配ないといえるでしょう。

LPガス(プロパンガス)の保安ルール

プロパンの保安に関してはどんな規定があるのでしょうか。

LPガスに関しては全国共通で保安に関するルール(法律)があり、以下その主なものを紹介します。


【保安年数】

一般のLPガス会社は、4年に1回以上は定期供給設備点検及び定期消費設備調査を必須としています。


【保安距離:20km,30分ルール】

保安距離に関しては、
緊急時対応時は原則として20km以内あるいは30分以内に到着できることが法律で義務付けられています。


前述のようにプロパンガス(LPガス)は信頼できる会社にとって管理されないと、
事故につながってしまう恐れがあります。

そのため、プロパンガス(LPガス)会社を選ぶ際には、
しっかりした保安基準を持っている会社かどうか必ず確認する必要があります。

【無料】安心できるプロパンガス会社をご紹介!

保安基準がしっかりしている会社の選び方とは

では具体的には、
どんな保安基準があれば安心できる会社と言えるのでしょうか。


チェックすべきポイントをまとめました。
上記の料金やサービスについてのチェックポイントに引き続き、
ガス会社を選ぶ際に注目してみて下さい。

ポイント1:集中監視システムがあるか

集中監視システムとは、各家庭に備え付けられているガスメーターと集中監視センターを
インターネット回線、固定電話回線、携帯電話回線などで結ぶことで、
LPガスの利用状況を常時監視し、
いち早い異常の検知を実現させるためのシステムです。


24時間365日体制で稼動させています。異常を検知した場合は、
直ちに消費者に連絡し状況確認を行うとともに、必要に応じて遠隔操作にてガスメーターの遮断弁を遮断、
専門スタッフを現場に急行させ、適切な対応を行います。


こういった集中監視システム等を導入し、LPガス保安の高度化に積極的に取り組んでいるLPガス会社を
経済産業大臣あるいは都道県知事が認定する制度があることをご存知ですか?

それを「認定LPガス販売事業者制度」と言います。【広域の一覧はこちら】


「認定LPガス販売事業者制度」は、
この集中監視システムを導入し、
LPガスの保安高度化に特に積極的に取り組んでいる
LPガス販売事業者を、保安認定事業者として、
経済産業大臣または都道府県知事が認定するものです。

その認定業者は、保安確保機器の設置及び管理の方法に応じて、
大きく2種類に分けられます。
「ゴールド保安認定事業者(第一号認定LPガス販売事業者)」
「保安認定事業者(第二号LPガス販売事業者)」
の2種類です。

それぞれに
「緊急時対応範囲の緩和」や
「定期供給設備点検及び定期消費設備調査の一部の頻度の緩和」
などの特例が適用されます。

最近ではこのシステムを導入する企業も増えてきました。ご自宅のガスメーターについてますか?


ポイント2:保安年数以上のサービスはあるか

一般のLPガス会社は、4年に1回以上の定期供給設備点検及び定期消費設備調査が必須とありますが、
裏を返すと4年に1回でいいのです。

よって保安に関する法定以上の定期点検をほとんどしない会社も多くあります。


その上、月々の検針も使用量の計測しかしないような形態がほとんどですので(業務委託であるなら尚更)、
上記のような集中監視システムを導入しているならまだしも、実装されていない家庭は、
4年間放置、というケースもありえます。


契約する時に、定期点検をどうのようにしている会社なのか、チェックしましょう。

ポイント3:本当に配送は安全か

前途書きました通り、拠点から20km以内あるいは30分圏内が義務付けられてはいるものの、
正直その線引きは会社によってばらつきがあります。


例えば一般道路で向かうと30分オーバーであるが、高速道路であれば30分以内につけるので、対象としているケースも中にはございます。

また支店から離れていると、他の協力会社や業務委託会社から配送をされる契約の場合もあります。


その際は、その委託先の信頼性にも関わってきますので、契約先のLPガス会社がどの距離にあって、
どういった携帯で配送されるか、把握しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。


信頼できるプロパンガス(LPガス)会社の選び方について、
料金・サービス・保安の視点から解説しました。


ガス会社を選ぶ際は、つい料金ばかりに注目してしまいがちですが、
保安もとても重要なポイントです。


今後、都市ガスやオール電化と比較されるLPガス業界で、
電気や都市ガスでも徹底している保安の積極的な姿勢をとっている会社が選ばれるのではないでしょうか。

プロパンガス会社は全国2万社ありますが、どの会社も決まって「うちは保安にすぐれている」と言っています。

ですが私たち一般消費者にとっては「何を根拠に保安に優れているのか」ということをよく訊くことが重要だと思います。


ちなみにエネピは集中監視システム対応企業かどうかを「保安認定事業者」として、
さらに保安距離圏内かどうかも踏まえて見積もりの際に説明しています。

一度ご自宅に供給できる上記保安基準の企業を一括見積もりしてみるのもいいかと思います。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

あわせて読みたい関連記事