三ツ輪産業(株)が 電気料金支払いにビットコイン導入へ

三ツ輪産業(株)が 電気料金支払いにビットコイン導入へ三ツ輪産業(株)が 電気料金支払いにビットコイン導入へ

プロパンガス(LPガス)会社「三ツ輪産業(株)」が、 2016年11月から、電気料金の支払いに「ビットコイン(※)」を導入することを発表しました。 ビットコインでの公共料金の支払いが可能なサービスは、国内で初めてとのことです。

この記事の目次

三ツ輪産業(株)が 電気料金支払いにビットコイン導入へ
2016年年4月から電力小売り自由化に参入した、“みつばちガス”でお馴染の
プロパンガス(LPガス)会社「三ツ輪産業(株)」が、
2016年11月から、電気料金の支払いに「ビットコイン(※)」を導入することを発表しました。
ビットコインでの公共料金の支払いが可能なサービスは、国内で初めてとのことです。

ビットコインで電気代を支払うことが可能なサービスとして発表されたのが
「coincheckでんき」。
9月26日より、すでに事前受付が開始されています。

このサービスでは、ビットコインでの電気代支払いに加え、
新たに2つの料金プランも用意されています。

今後は、電気代だけではなく、
ガス代や電気代、携帯代などもビットコインで支払えるようにしていく考えとのことです。


(※)ビットコインとは、2009年に誕生したインターネット上の仮想通過のこと。
どの国にも属さない世界共通の通貨で、
取引の際には、情報を暗号化することで安全が保たれます。
また、決済・送金などのコストも、クレジットカードに比べると安いのが特徴です。


引用元:https://www.mitsuwagroup.co.jp/home/information_detail.html?id=61

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

あわせて読みたい関連記事