関西電力 子会社2社と提携して都市ガス販売へ

関西電力 子会社2社と提携して都市ガス販売へ関西電力 子会社2社と提携して都市ガス販売へ

2017年4月からの都市ガス小売り自由化への参入を目指している関西電力が、 LPガス(プロパンガス)小売り大手の岩谷産業と提携することが分かった。

この記事の目次

関西電力 子会社2社と提携して都市ガス販売へ
2017年4月からの都市ガス小売り自由化への参入を目指している関西電力が、
LPガス(プロパンガス)小売り大手の「岩谷産業」と提携することが分かった。

岩谷産業からは、ガス機器の保守管理などのノウハウや
関西に営業拠点が数百か所ある、といった利点をガス販売に生かしたい考え。

関西電力は2000年に岩谷産業などと共同でLPガスの輸送会社を設立しているが、
来年の都市ガス小売り自由化をきっかけに、さらに協力関係を強める。

また、関西電力は子会社の通信会社である「ケイ・オプティコム」とも提携することを発表している。
こちらでは、関西の光通信サービス(契約件数160万件超)の利用者を中心にガスを販売。
「ケイ・オプティコム」は、今年から開始した電力小売り自由化にも参入済である。