節約成功の鍵は「工夫」と「見直し」だけ!誰でもできる節約術と貯金のコツを紹介

節約成功の鍵は「工夫」と「見直し」だけ!誰でもできる節約術と貯金のコツを紹介節約成功の鍵は「工夫」と「見直し」だけ!誰でもできる節約術と貯金のコツを紹介

誰でもできる節約術と貯金のコツを紹介します。

節約成功の鍵は「工夫」と「見直し」だけ!誰でもできる節約術と貯金のコツを紹介
欲しいものを買うため、家族と旅行に行くため、子どもの学費のため・・・様々な目的で貯金に精を出す主婦の方は多いでしょう。

中には、「どこを節約すれば貯金ができるだろう」と思いながら、毎日のように家計簿と睨めっこをしている方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、家計のやりくりに悩む方はもちろん、節約をしてもっと貯金を増やしたい!と願う主婦の方々に向けて、節約習慣や節約貯金術を紹介します。

プロパンガス業者を変更しただけで、年間で8万円もガス代が安くなったという例も!

浮いたガス代で家族とハワイに行けたら最高ですね!

節約習慣や節約貯金術は決して難しいものではないので、ぜひ今日からでも実践してみてくださいね。

それでは貯金ができる節約の方法をご紹介します。

プロパンガスの関連記事
ガス代が高い4つの理由!誰でも簡単にできるプロパンガス代の節約方法を紹介!
うちのプロパンガス料金は妥当?【全国47都道府県】ガス料金の平均相場を大公開!
\我が家は安くなる?/
今すぐプロパンガスの無料見積もりをしてみる▶

節約貯金できる習慣

節約貯金できる習慣
家計を黒字に保ち、快適な暮らしを実現させるため、常に家計のやりくりを気にしながら生活をしている主婦がほとんどのはず。しかし、その努力とは裏腹になかなか貯金が貯まらないとお悩みの方もいらっしゃると思います。

原因はいろいろと考えられますが、多いものとして挙げられるのは「節約できる習慣が身についていない」こと。

では、節約に成功している方々は、どのような習慣が身についているのでしょうか?「貯金ができない!」「お金が出ていく一方だ!」と悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

生活費より貯金を優先させる

生活費より貯金を優先させる
毎月のやりくりというのは、基本的に収入と支出の2つで成り立っています。収入とはお給料のこと、支出とは固定費や生活費などの出ていくお金のことですね。注目すべきは、この2つのバランスです。

①収入>支出
手元に残るお金の方が多いので、使わず貯金をすれば自然と貯まっていきます。

②収入=支出
生活はしていけますが、手元に残るお金がないため、貯金は一向に貯まりません。

③収入<支出
手元のお金だけでは足りない状態なので、貯金を崩したり借金をしたりなどして補填しなければ生活が回りません。

「こんな当たり前のこと分かっています!」と言われそうですが、実際に貯金ができないと悩んでいる方は、②や③のパターンが多いのです。まずはこの事実を受け止めましょう。

そして、貯金ができている方が①の習慣を実現させているのですが、これには毎月のやりくりの仕方にポイントがあります。それは「生活費より貯金を優先させること」です。

生活費というのは、固定費のように毎月かかるものですが、定額ではありません。つまり、使えば多額になり、節約すれば少額に抑えられる費用なのです。

生活費を優先し、余ったら貯金をするというやり方では、手元のお金を使いきって貯金に回せなくなる状況が容易に想像できます。しかし、その順番を逆にしてみたらどうでしょう?

最初から貯金分のお金を取っておき、残りのお金で生活をやりくりするのです。すると、確実に貯金を確保した状態になるので、貯金ができるようになるだけでなく、生活費の無駄遣いも防げます。

前月、前年などと比較する

前月、前年などと比較する
「無駄を省けば貯金ができる」というのは、恐らく誰もが理解しているでしょう。しかし、結果として貯金ができている人とできていない人に分かれてしまう・・・これって非常に不思議なことだと思いませんか?

実は、この分岐点には1つの課題が設けられているのです。それは「無駄なものの正体を理解しているかどうか」。無駄なものというのは、嗜好品の購入などに限ったことではありません。月々かかる食費や光熱費にも多くの無駄が潜んでいます。

試しに、毎月届く検針票や買い物レシートに目を通してみてください。前月や前年の同月と比べると、値段が大幅費上がっているものはありませんか?

「きちんと家計簿をつけているのに、上手くお金が貯められない」と悩んでいる方は、支出額の変動から原因を見出すところまでができていない可能性があります。試しに、水道代と食費の変動を例に挙げてみましょう。
前年 今年
家族 大人2人 大人2人、子ども1人
水道代 4,500円 5,200円
食費 15,000円 16,000円
たった1,000円程度ですが、水道代と食費どちらも今年の方が上回っていますよね。これは、家族が1人増えたことが要因と考えられます。

家族が増えれば生活費が増えるのも当然のこと。だからこそ、増え幅をこれ以上大きくしないために、どう節約をしなければならないのかを考えることが大切なのです。

貯金ができる方は、
「赤ちゃんの洗濯物が多いから、水道代節約のためにお風呂の残り湯を使おう」
「離乳食はレトルトに頼らず極力作って食費の節約をしよう」
というように、対策を講じることができます。

しかし、貯金ができない方は「家族が増えたから生活費が増えるのも仕方ない」と鵜呑みにしてしまっているのではないでしょうか?この差が、貯金の可否を分ける分岐点となるのです。

ここで間違ったルートに進まないようにするために、家計簿をつける時は必ず比較対象を作りましょう。前月との差を見ても良いですし、ガス代や電気代はどうしても季節によって差が出るため、月ではなく年で比較しても構いません。

どれくらいの差があるかを理解し、その差が生まれる原因を見出すことができれば、節約もしやすくなるはず。もし比較対象より金額が減っていれば、それだけ節約の効果が出ている証拠にもなるので、モチベーションアップにも繋がりますよ。

家族全員に協力してもらう

家計の内容を、家族全員に見せている方はどれくらいいるでしょうか?夫には話しているという方もいれば、自分以外誰も知らないという方もいるでしょう。

しかし、それではいつまでも節約による貯金はできません。なぜなら、その家で生活をしているのはあなただけではないからです。

家計の無駄を見出し、節約しようと努力しても、その他の家族が更なる無駄を生み出していてはプラマイゼロ。場合によってはマイナスが増えてしまう可能性もあるでしょう。


確実に結果を出したいのであれば、家計を管理しているあなただけでなく、家族全員に協力してもらうことが大切です。たった数十円の節約にしかならなくても、貯金のチャンスが増えることに間違いはありません。

節約貯金術①余計な出費を減らす

節約貯金術①余計な出費を減らす
日常生活からでは分かりづらいですが、実際に使ったお金を家計簿に記しておくことで、出費の大きさを実感できるようになります。

次はどんなところに無駄な出費が生まれやすいのかについて詳しく見ていきます。多くの方が見逃しやすい出費を3つ挙げ、それぞれの節約方法を紹介します。

必ずかかる食費は、日々のちょっとした工夫が鍵

必ずかかる食費は、日々のちょっとした工夫が鍵
食費は必ず毎日かかるもののため、工夫次第でしっかりと節約することが可能です。
例えば以下のような、日常生活のちょっとした工夫によって食費を節約する事ができます。

・夫や子どものお弁当を作ってランチ代を浮かせる
・クーポンを使って食材を安く買う
・割引シールがつくタイミングを狙って買い物に行く
・外食は特別な日だけにして極力行かない

このような工夫をするだけで数十円~数百円違いますし、外食をしないだけで数千円も家計を楽にできます。これからの時代、消費税増税や物価上昇などが懸念されるため、インフレを意識したこれらの節約は効果の大きさが期待できるでしょう。

娯楽費は心身の健康に欠かせない費用

娯楽費は心身の健康に欠かせない費用
絶対にないと生活ができないわけではありませんが、心身ともに健康的な生活を送るためには、娯楽費の存在が必要不可欠。趣味に費やしたり、ストレス発散のためのアイテムを買ったりなど、お金をかける矛先や金額は人によって様々でしょう。

一般的な娯楽費として挙げられるのは、
・旅行費
・飲酒費
・被服費
などがあります。

「カフェ巡りが好きでよくランチを食べに行く」という場合や、タバコを吸う方もここに分類されるでしょう。しかし、欲求を満たすために費やすお金のため、無駄も生まれやすいと言えます。

娯楽費は上限を決めておくのがベスト

娯楽費を節約するためには、はじめから上限を決めておくのが有効です。月10,000円とあらかじめ決めておけば、それをオーバーする使い方をしなくなります。

もし、旅行のように出費が多い娯楽であれば、毎月の娯楽費を使わず貯めておき、目標金額に達してから出かけるようにすれば、お金を計画的に使えます。また、毎月どれくらいの金額を娯楽費に費やしているかを見直し、多い方は少なめに設定するだけでも節約ができます。

ただ、節約のためとは言え無理に娯楽を断つのはNG。一切の娯楽を断ってしまうと、ストレスがたまって心の健康を害する恐れがあります。

できるだけ娯楽費を抑えた方が節約になるのは確かですが、心の健康とバランスが取れるよう配慮することも大切です。

維持費がかかる車関連費も工夫次第で節約できる

維持費がかかる車関連費も工夫次第で節約できる
車を持っていると、日々のガソリン代だけでなく、保険や税金など何かとかかるのが維持費ですよね。年間で計算すると結構な金額になってしまうでしょう。それを節約するためには、それぞれを分けて考える必要があります。

ガソリン代だけでなく、定期的なメンテナンスも

ガソリンの価格は常に一定ではありませんし、車の燃費によってもガソリンの消費量が異なります。そのため、ガソリン代を節約する方法としては以下のようなものがあります。

・できるだけガソリン価格が安い時期に給油する
・ガソリンスタンドのクーポンを利用する(1Lあたり2円引き等)
・長距離の運転を控える
・燃費を良くするため、エンジンオイルを定期的に交換する

クーポンは、ガソリンスタンドの会員になったり、投函されるチラシについていたりします。中には、ガソリンを入れた後のレシートにクーポン券がついているものもあるため、捨てずに置いておくようにしましょう。

また、エンジンオイルに関してですが、1回の交換で数千円かかるため「また今度にしよう」と先延ばしにしてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、これでは燃費がどんどん悪くなり、ガソリンを無駄に消費することに繋がります。

日々の出費を節約し、愛車を長く乗れるようにするため、小まめに走行距離とエンジンオイルの交換時期をチェックしておきましょう。

任意保険はネット損保がおすすめ

自賠責保険と違い、任意保険は自分で保険会社を選ぶことができます。補償内容も料金も保険会によって様々ですが、節約を考えるのであればネット損保がおすすめです。

ネット損保は実店舗を持たない保険会社のため、その分保険料を抑えやすい傾向があります。ただし、必ず安いとは限らないため、比較サイトなどを利用して見積もりを出した方が安心して選びやすいでしょう。

その他の工夫

車関連費の節約は、基本的にガソリン代と保険料に目を向けて実行します。そこに付随してできる節約の工夫には、以下のようなものがあります。

・普通車より軽自動車を選ぶ
・車の購入は極力ローンを組まない
・車内の荷物を軽くする
・急発進急ブレーキをせず、一定のスピードで走る

これらの工夫を行うことで、より車関連費の節約が可能です。

また、車は日常的に維持費がかかるので、ローンの利息は大きな痛手となります。そのため、車の購入は極力ローンを組まないのが原則。「車=ローンで買うもの」と思っていた方は、次の購入からは自己資金で購入できるようしっかり貯金をしておきましょう。

節約貯金術②固定費の見直し

節約貯金術②固定費の見直し
毎月ほぼ決まった金額でかかる固定費。変動がない分、節約は難しいと思っている方もいるでしょう。

しかし実は、工夫次第で固定費の大幅な節約が可能です。具体的にどういった方法があるのかをいくつか紹介していきます。

居住費の見直しは大幅な節約に繋がる

月の出費は人によって様々ですが、大部分を占めるのが住宅ローンや家賃などの居住費ではないでしょうか?この部分が減らせると、毎月の支出が軽減されて家計も楽になるはず。

では、居住費はどのようにして節約が可能なのでしょうか?

持ち家の場合

住宅ローンは、何十年もかけて返していくという方がほとんどでしょう。もちろん、常に一定の収入があれば問題ありませんが、中には病気や怪我で働けなくなったり、妊娠や出産で仕事を休んだりなど、様々な出来事で収入が減る可能性がありますよね。

早くローンを終わらせたい気持ちは分かりますが、無理な返済は家計を圧迫するだけです。多少期間が延びるとしても、月々の返済額を減らしたい気持ちが強いのであれば、借入会社に相談してプランを見直しましょう。

特に、固定金利型は安定した返済ができるメリットがありますが、金利水準が変動金利より高くなる傾向があります。多少返済計画が立てづらくても、変動金利型の方が借入負担を減らせる可能性があるため、家計の状況やライフスタイルに応じてどんな返済計画にすべきかを見直すのは節約にも有効と言えます。

賃貸の場合

毎月決まった金額を支払うだけで住める賃貸は、管理費として大きな出費を求められることもないので安心して住みやすいですよね。しかし、賃貸は自分の資産ではないため、住み続ける限り一生家賃を払っていかなければなりません。

そんな賃貸で節約をするのであれば、一番簡単なのが家賃が安い場所に引っ越すことです。生活水準が少し下がる可能性はありますが、毎月の支出を間違いなく抑えられるため、大幅な節約も可能でしょう。

また、現在の場所に住み続けるのであれば大家さんに交渉するのも1つの手段。成功率は決して高いとは言えませんが、上手くいけば毎月の支払いから数千円を節約することも可能でしょう。

通信費はプランの見直しや格安スマホで節約可能

通信費はプランの見直しや格安スマホで節約可能
携帯業界は、頻繁に新しいプランを発表しています。契約して何年も経っている方の場合、プランの見直しをするだけでも月々の携帯代を安くすることが可能です。

また、近年格安スマホというものが注目を集めています。通常のスマホより安く持つことができ、料金システムが分かりやすいものが多いため、安くスマホを持ちたい方には嬉しいですよね。

月々の支払いを抑える事ができるのが最大のメリットである格安スマホ。契約前には万が一の時に対応できる店舗があるかどうかも、きちんと確認しておくことが大切です。

保険の見直しで保険料を抑えることも

保険のことはよく分からない、となんとなく有名な保険会社を選んだり、営業マンが勧めるとおりに契約をしたりしていませんか?

確かに、保険の内容は難しいですし、現代では補償内容が充実した商品が多いため、万が一に備えてたくさんの補償があるものを選んでしまうのも無理はありません。

しかし、実際は高い保険料を払わなくても健康保険や遺族年金などでまかなえるものも多く、備えすぎて無駄をしている場合があるのです。

「担当の方が親切に対応してくれるから大丈夫」と鵜呑みにするのではなく、一度保険内容を見直してみることをおすすめします。本当に必要なものは何かを明確にすると、数千円あるいは数万円の節約に繋がる可能性もありますよ。

ガス・電気などの光熱費

毎日の生活に欠かせない光熱費。できるだけエアコンを使わない、ガス調理の時間を短くするなどのちょっとした工夫が節約に繋がるため、実践している方も多いのではないでしょうか?

しかし、毎日小まめに行っている節約術では、光熱費を下げるのに限界がありますよね。そこで行ってほしいのがガス・電気プランの見直しです。

今当たり前のように契約しているガス・電気ですが、実は契約プランには様々な種類があります。ライフスタイルに合わせてプランを変更すれば、それだけで大幅に光熱費をカットできる可能性も。

「安くなるかどうか気になる」という方のため、ガス・電気会社の公式サイトで簡単に料金シミュレーションができるようになっています。

現状よりもっと節約をしたいと思っている方は、一度見直しをしてみてはいかがでしょうか?

enepiでは、プロパンガス料金比較を通して、今よりもガス代をもっと安くする簡単なチェックツールで手軽に見積もりができます。

年間で8万円もガス代が安くなったという例も!
なかなか一気に8万円も収入が増えることは少ないですし、収入が上がったとしても税金が引かれて8万円きっかり手元に入るわけではありません。
年間で8万円も節約できれば、そのお金で家族で温泉旅行にも行けますし、今では8万円以下で買えるPCもあります!

あなたのお家も大幅に節約できるかもしれませんので、お気軽にお問い合わせください。 簡単お見積もりはコチラ▶︎

まとめ

上記で様々な節約術を紹介してきましたが、節約術は大きく分けて2つに分けられます。

①日々の工夫で節約ができるもの
②プランなどの見直しで節約できるもの

②を実行するのが面倒という理由から、多くの方が①にばかり目を向けている傾向があります。しかし、それだけでは節約にも限界があります。

より効率よく無駄を省くためには、まずプランを見直して基本料金が適切かどうかを見極めることが大切なのです。その上で①を実行すると、より効果的に節約ができるでしょう。

保険や携帯などはショップに行かなければ難しいかもしれませんが、ガス・電気は自宅でも簡単に分かります。節約の努力をもっと目に見える形にするため、ぜひ一度契約しているもののプランを見直してみてください。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶